わんちゃんと暮らす

笑顔が増える、暮らしが豊かになる

愛犬目線の住まいへの取り組み。

愛犬は家族の一員。愛犬家の方々にとってそう言われるようになって久しくなりました。

しかし愛犬目線の住まいがあるか、というとほとんどの住まいがそうではありません。

愛犬を飼っている方も、これから飼いたいと思っている方も、その不安と疑問を解消し、健やかな暮らしを手に入れましょう。

ワンちゃんが健やかな暮らしは、私たちにも健やかな暮らし。

ワンちゃんと一緒に暮らすと、知らず知らずに規則正しい生活になります。
起床、散歩、ワンちゃんの食事、自分たちの食事。そうすることで人にとっても健康的な時間割で過ごせるのです。
また、ワンちゃんを通じた交流や会話が増え、ストレスや不安の軽減にもつながります。
笑顔でいる時間、ストレスを感じていない時間が増えて心が豊かに。そしてその小さな豊かさが大きな豊かさにつながります。

愛犬と触れ合う時間と体験は、子どもたちやお孫さんたちの癒しや社会性の向上にもつながります。


バーチャルではなく、動物を愛でるという実体験が子どもたちを育てるのです。

愛犬家住宅はこんな不安を解決します。

今、飼っている人も、これから飼いたいと思っている人も。


「毎日散歩に行けるかな?」
「毛が抜けて大変じゃないの?」
「家の中が臭くならないの?」
「床や壁が傷だらけになるのは嫌だな?」
「階段など、ワンちゃんにとって危険な場所の対処がわからない…。」
「床やソファでオシッコするでしょ?」  
などなどが代表的なもの。

現在飼っている人も、飼いたいけど躊躇している人も、ぜひ解決して笑顔が増える豊かな暮らしを手に入れてください。

本気で造る愛犬家住宅とは。


高正工務店には、一般社団法人ペットライフスタイル協会が認定する愛犬家住宅コーディネーターが在籍。

ペット愛好家の方々の住まいと暮らしを支える専門家です。

そして私たちが薦める愛犬家住宅とは。その考え方の一部を紹介いたします。
画像2

日本のフローリングは滑る。


ワンちゃんにとって、日本の住宅の床はまったく優しいものではありません。
すごく滑るからです。足や腰に負担をかけ、膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、椎間板ヘルニア、などを引き起こし、大切な愛犬に辛い思いをさせてしまいます。
そして、これはそのまま人間にも当てはまるのです。特に高齢者や乳幼児にとって危険な住まいになってしまいます。
画像

犬種に合わせた間取りの工夫をしましょう。

例えばトイプードル。この子はもともと水猟犬。身体的にも頭脳的にも優秀です。
群れで過ごすことがルーツなので、寂しいのが苦手。家族の存在を感じさせる間取りにするのがグッドです。
また水猟犬時代は洞穴が棲み家。外敵から身を守る本能を助けるため、すっぽりと身を隠せるような寝床にしてあげてください。
かつ、四肢が長く骨が細いので、滑るフローリングは絶対にダメ。平均寿命が大変長い犬なので、長く一緒に暮らすために住まいの工夫は欠かせません。
このように、愛犬家住宅と一言でいっても、犬種の違いで住まいづくりの取り組み方が変わります。

笑顔が増える方法を見つけた。

住まいを通じて持続する社会を考える。

持続する社会。文字にすると簡単に書けますが、達成しようとした時、どこから取り組めば良いのかも難しい課題です。
高正工務店は文字通り工務店。京都市右京区で創業20年という地域工務店です。
だからこそ私たちが継続発展することが、地域の発展となり、継続、持続できるようなるためにはどうしたらいいか、を日々考え企業活動にいそしんでいます。
継続する、持続する住まいを考えた時、私たちが行きついた住まいや住まいづくりの考え方は、人にも、ペットにも、地域にも、地球にも優しいということ。
使う材料も限られてくる、お客様への提案内容や方法も変わっていくのです。  
ペット共生住宅は単なる住宅商品ではありません。住まいのあるべき姿を考えた時、導かれる解答のひとつです。
今を、そして次世代へも紡いでいける住まいこそが、地域の活性につながり、地域貢献になると確信しています。
まずは、本気の愛犬家住宅からスタートです。