スケルトンってどういう意味/右京区の二世帯住宅専門店「高正工務店です」

query_builder 2023/09/19
ブログ
画像1

みなさんこんにちは。右京区の高正工務店代表の高橋です。

リノベーションを調べているとスケルトンという言葉によく出会います。この「スケルトン」という言葉、みなさんは意味を知っているでしょうか。元々は透明というような意味なのですが転じて、透けて見えるということから構造が見えるとことまで解体する、という意味になりました。

 

床や天井の段差をなくす、断熱材を施工する、何より間取りを大きく変更する、というような家の構造や性能に関する改修工事の場合、スケルトンまで解体する方が細かい部分まで検討し設計、工事ができるので、表層的なリフォームよりも抜本的な解決や長持ちにつながります。

写真

リフォームとリノベーションの違いについて今日はお話ししませんが、このように建物や家屋の性能や耐久性に及ぶ場合はリノベーション工事ということもポイントです。

 

工事期間も長くなりお客様にとっても大変な工事になることが多いのですが、長く暮らすことと比較すれば短い期間です。リフォームからリノベーションへの移行もご相談ください。


写真

NEW

  • 祇園のビル 内装工事中です

    query_builder 2024/03/12
  • 外部漆喰塗り替え/京都市右京区でリノベーションするなら高正工務店

    query_builder 2024/03/04
  • よしざわ歯科さま、工事が順調に進んでいます

    query_builder 2024/03/01
  • よしざわ歯科 リノベーション工事中です!

    query_builder 2024/02/20
  • 今年も地域の未来を創造します/京都市右京区の工務店「たかしょう」です。

    query_builder 2024/01/09

CATEGORY

ARCHIVE