メンテナンスの優先事項を整理しよう!/右京区でリフォームするなら高正工務店

query_builder 2023/11/21
ブログ
写真

みなさん、こんにちは。右京区の二世帯・多世帯住宅リノベーションの専門店「たかしょう」代表の高橋です。


以前ご紹介したお話しに出てきたお客様。屋根に太陽光パネルが設置されています。その屋根の劣化によるメンテナンス、FIT期間の終了で蓄電池を設置したいと悩んでいたお客様はいろいろな決断に迫られました。そのお悩みをご紹介します。

 

今回の太陽光FI T 期間終了に伴う蓄電への切り替えについては以下の優先順位で考える。 

(※「>」大なり。優先事項を表現)


①屋根材のメンテナンス > 蓄電池

家を長持ちさせるためには、今後雨漏れをする確率を下げることを考えないといけない。そのためには、優先順位として屋根材をメンテナンスする必要があるということ。

 

②蓄電池を採用するかしないか。

今はまだ関西電力圏内では他電力会社のように電気料金の値上げについては大きく問題にはなっていない。
今後関西電力圏内でも同様に電気料金の値上げの可能性は十分に考えられるので、せっかく太陽光パネルがついているのであれば蓄電池もやりたいという思いになる。

 

蓄電したい目的は何か。
・F I T期間が終わることによる買取価格が下がることが嫌だ。
・蓄電することによる有事の際の非常用電源として利用したい。
・昼間に貯めた電力を夜に効果的に使いたい


などなど。今までの太陽光発電の実績や生活スタイルに合わせた電気の使用量を鑑みて検討する。蓄電のシステムに切り替える費用と夜間に使う電気の使用量の状態から見極めが必要。


生活スタイルで節電を意識するだけで効果が出る場合もある。
今回は屋根材のメンテナンスが想定外で必要になるので、蓄電池への切り替え以上の費用がかかる。

・蓄電池の切り替えの費用

・屋根材のメンテナンス(カバー工法等)

・メンテナンスにかかるその他の費用
(足場設置、太陽パネル取り外し、パネル一時保管、パネル再設置)

写真

上記の費用を踏まえた、費用対効果を考えないといけない。整理するとこのような状況のご様子です。 お客様の立場になって、何が正解なのか。『たかしょう』はしっかり寄り添って相談に乗ります。



NEW

  • よしざわ歯科 リノベーション工事中です!

    query_builder 2024/02/20
  • 今年も地域の未来を創造します/京都市右京区の工務店「たかしょう」です。

    query_builder 2024/01/09
  • ワンちゃんにとって「日向ぼっこ」は気持ちいいだけじゃない。/京都市右京区の高正工務店

    query_builder 2024/01/29
  • 敷居を踏んではいけないのはなぜ?/京都市右京区の高正工務店

    query_builder 2024/01/15
  • 2024年 年始のご挨拶

    query_builder 2024/01/04

CATEGORY

ARCHIVE