クリスマスリースを飾る意味。/京都市右京区の高正工務店

query_builder 2023/12/04
ブログ
写真


みなさんこんにちは。右京区の高正工務店の高橋です。

今回は、住まいのお話しから少し離れてクリスマスにちなんだお話しを。

クリスマスが近づくと家の玄関などでもよく見かける「クリスマスリース」。



写真


クリスマスリースは、起源は古代ギリシャ・ローマ時代とされており、

古くから意味あるものとして飾られてきました。

 

一つ目は、「魔除け」

一年中、青々とした緑の葉を茂らせる生命力の強い常緑樹が使われます。

葉には殺菌効果や抗菌作用があること、ヒイラギの葉には棘があることから、

「魔物」を追い払う、とされています。

 

二つ目は、「豊作祈願」

装飾に使われる松ぼっくりや姫リンゴ、麦の穂などは収穫を意味し、

「冬を越して豊富に実りますように」との願いが込められています。



写真


3つ目は、「新年祈願」

キリスト教では、年が明けてもクリスマスが続きます。

新しい年も幸せに過ごせるようにと、願いを込めて飾られています。

日本でいう、しめ縄のような役割です。

 

最後は、「永遠」

クリスマスリースの「輪」の形は「はじまりも終わりもない」ことから「永遠」の象徴とされ、

「永遠の命」「永遠の愛」を意味するといわれています。



写真


クリスマスリースはなぜ飾られるのかをお話ししました。

どこでも飾ることができるものです。

機会があれば、願いを込めて飾ってみてはいかかでしょうか。



NEW

  • よしざわ歯科 リノベーション工事中です!

    query_builder 2024/02/20
  • 今年も地域の未来を創造します/京都市右京区の工務店「たかしょう」です。

    query_builder 2024/01/09
  • ワンちゃんにとって「日向ぼっこ」は気持ちいいだけじゃない。/京都市右京区の高正工務店

    query_builder 2024/01/29
  • 敷居を踏んではいけないのはなぜ?/京都市右京区の高正工務店

    query_builder 2024/01/15
  • 2024年 年始のご挨拶

    query_builder 2024/01/04

CATEGORY

ARCHIVE