たかしょうリフォーム
3つの強み

地元右京区で創業20年を迎えました!

高正工務店の考えるリフォーム

強み①「社長が大工です」 大工目線の提案とアフターフォローが充実!


高正工務店。
京都市右京区に根差し創業20年。右京区に数ある工務店の中で、社長が大工として現場の管理を行う希少な会社です。

社内の工事の内容はすべて社長のもとに報告されます。工事の大きさ、代金の大小は関係ありません。
それは「自分がイヤだと思う工事はしない!させない!」から。そして長く住むお客様にとってもこの目線は大事だと思っています。

そういう想いから、皆様にご愛顧いただき、おかげさまで20年という歴史を技の向上と共に刻むことができました。


強み②「現場監督が営業です」 コミュニケーションロス、人件費のロスがありません!


高正工務店には「営業」だけを行うスタッフはいません。わかりやすく書くと、現場担当が営業担当です。
それはなぜか?
打ち合わせをした内容の鮮度を保つため、お客様にとって余計な経費をかけず適正価格を保つためです


さらに、下請け時代に見てきた建築業界の隠蔽体質を無くしたい。そんな住まいを増やしてはいけない。 お客様をはじめ自分も、スタッフも職人さんまでもが幸せになれない。

そのために、現場の隅々まで目が届くようにすることが大切だと考えています。

強み③現場監督6人在籍 自社で管理することで品質を保ち、中間マージンも発生しません。

下請けさんに仕事を頼むこと自体は悪いことではありません。
新築住宅であれば約30種類の工事が存在します。30人以上の社員を、現場それぞれに雇うことなど到底できません。

高正工務店は「チームたかしょう」。下請けさんに協力いただきますが現場の管理は自社スタッフが行います。

こうすることで工事の品質は「たかしょう品質」を保ち、孫請け、二次孫請けがなくなり余分な経費をかけず適正価格での工事を可能にしています。